1. トップページ
  2. サービス
  3. データセンター総合試験システム

データセンター総合試験システム

データセンター総合試験システム

大規模・大電力量データセンターでの
総合試験システムを提供します

データセンター向け総合試験システム(ダミーロード試験システム)とは

データセンターの設備には高品質、信頼性の確認・検査することが重要です。データセンター向け総合試験システムとは仮想的に運用状態を再現し、電力停止、過負荷、設備の機能停止など運用上発生する可能性のある事象を再現し、総合的に設備が機能するかを検証していきます。

ご提供システムについて

システムの3つの特長

ミライトグループが提供する「データセンター向け総合試験システム(ダミーロード試験システム)」は、以下の3つの特長を有しており、他社製品と比べて大幅な工数削減を実現します。

  1. 1.コントローラ1台で最大30台の負荷試験装置を一括制御
  2. 2.スケジュール設定による自動運転
  3. 3.タッチパネル採用だから簡単操作

従来の操作から大幅な工数削減を実現!

スケジュール試験や一括制御により、作業員数・拘束時間を最小限に抑えることができます。

従来の操作
  • 起動、設定変更等を各種装置毎の盤面から制御
  • 作業員の確保
  • 試験時の切替に時間がかかる
試験はコントローラ1台の画面操作で設定が可能!

機能・特色

1. コントローラでの一括制御

最大30台の模擬負荷試験器を、コントローラのタッチパネルから一括制御することが可能です。万が一、装置に異常が発生し、1台の模擬負荷試験装置が停止した際にも、コントローラが全ての模擬負荷試験装置を自動で停止し安全を確保します。

1人で試験作業が可能‼

コントローラ

2. スケジュール試験

各試験項目のスケジュールを設定し、連続して試験を実施することができます。

スケジュール試験画面

拘束時間の短縮‼

3. モニターで簡単に状況把握

モニター画面にて運転開始と停止の履歴(開始・停止時刻、試験モード、停止要因)を確認することができます。

装置情報画面

目で把握‼ 管理が容易!

本システムは現場環境に関わらず、負荷試験の標準化並びに試験人員及び試験工数を削減できます。

作業員コスト
60削減
試験稼働
80%以上削減

※どちらの数値も当社比較

コントローラ画面 操作イメージ

負荷容量試験

任意の負荷装置の出力を得る試験モードです。負荷通電中においても装置変更は可能です。

負荷容量試験画面
1 負荷回路選択 目的の負荷装置(回路)を選択設定します。
2 設定負荷合計 選択された負荷装置の合算値が表示されます。
3 クリア 選択された負荷装置をクリア(ALL OFF)します。
4 反映モード 試験中、設定負荷装置を選択後、負荷変更の反映タイミングを設定します。
一斉反映:設定反映ボタンにて負荷変更。
個別反映:負荷回路選択キーを押下したタイミングで、即時変更
5 設定反映 反映モードが「一斉」の時、試験中の負荷通電の変更を行います。
6 現行負荷合計 試験運用中、出力されている負荷装置の合算値をモニタ表示します。

スケジュール試験

32Step分の試験パラメータを入力し、順次実行していく試験モードです。任意の試験時間毎に実行していきます。1~32Stepまでの動作を試験サイクルとし、32Step×設定回数分実行することで試験終了となります。

スケジュール試験画面
1 スクロールバー スクロール表示します。
2 負荷回路ランプ 負荷回路位置を表示します。
3 試験時間 各試験時間の設定します。
4 試験名称 試験後とに名称を付けられます。
5 Setボタン 負荷設定画面を表示させます。
6 Copyボタン Step No.1の試験時間をNo.32までコピーします。
7 設定回数 実行する試験サイクルの回数を設定します。
8 現在No. 開始Stepを設定できます。試験中は実行中のStepが表示されます。
9 現行試験負荷 実行中のStepの試験負荷を表示します。
10 経過時間 実行中のStepの経過時間を表示します。
11 合計経過時間 合計時間を表示します。
12 NEXTボタン 実行中のStepの経過に関わらず、次のステップに移行します。
13 待機ボタン 負荷出力を一時停止します。
14 実行ランプ/ボタン 実行中のStepをランプ転倒します。
15 動作回数 実行した試験サイクルの回数を表示します。
16 Reset 停止中に試験状況をリセットします。

システム構成例

1MW試験の場合、コントローラ1台と模擬負荷装置10台を接続するだけ。コントローラ3台をイーサネットケーブルで接続することで最大3MWの試験が可能です。親コントローラのタッチパネルにより30台の模擬負荷装置を設定 / 操作できます。

システム構成イメージ
システム構成例

機器仕様

  • コントローラ
  • 模擬負荷試験装置
試験電圧 三相4線式 AC400V Max.
周波数 45〜65Hz
負荷容量 50kW×2回路(1台あたり)
容量精度 各回路に対して 0〜+5%以内
最大容量 3MW (30台接続時)
システム構成 コントローラ1台で10台の模擬負荷装置(1MW)を一括制御。
コントローラ3台を連系する事により、最大30台(3MW)の試験が可能。
試験モード 負荷容量試験、負荷急変試験、スケジュール試験の3モードに対応。
その他 試験項目並びに各装置毎に名称入力が可能。
冷却方式 ファンによる強制風冷方式
操作電源 三相200V(模擬負荷装置)、AC100V(コントローラ)
設置方式 屋内設置、キャスター付
外形寸法 模擬負荷装置:W800 × D950 × H1,100 + 200mm
コントローラ:W480 × D550 × H300mm(ラック実装タイプ)
質量 模擬負荷装置:300kg  コントローラ:16kg

よくあるご質問

ご発注から試験開始まで、どの程度日数が必要でしょうか。
関東でしたら、2週間程度となります。
弊社側で準備するものはありますでしょうか。
こちらで全て準備可能です。
作業環境の条件はありますでしょうか。
模擬負荷試験装置には三相200V、コントローラはAC100Vの電源が必要になります。
また、室内の温度が上昇しますので、換気ができる環境が推奨されます。
UPS1台からでも依頼可能でしょうか。
1台からご対応可能です。

TOP