1. トップページ
  2. サービス
  3. ため池監視システム

ため池監視システム

ため池監視システム

遠隔地からため池を監視 事前予測でため池をコントロール

ため池監視システムとは

ため池に水位計、雨量計、カメラなどを設置し取得した情報をクラウドサーバーへ集約、遠隔監視や管理者への通知を行うシステムです。
豪雨時や災害時のため池の状況(水位の上昇など)を把握し情報提供することで、事前放流や早期避難、人的被害を防止する等へつなげる対策として活用されています。

パンフレットはこちら

ため池監視システムの特長

  • 水位と雨量のデータを定期的に観測し、農水省「ため池防災支援システム」と「データ・画像収録ソフト(D-COLLECT(WEB)」へ送信可能です。
  • 水位・雨量・画像データを最短10分間隔で送信が可能です。
  • ため池観測に特化したことにより低価格で提供可能です。
  • オプションで、カメラを設置すると静止画像の取り込みが可能です。

※「D-COLLECT(WEB)」
自治体様などのPCやサーバにインストールしていただくことで、庁舎内でため池の水位を管理したり、必要なため池情報をHPに公開することで地域住民へ情報を共有したりすることが可能です。

ため池監視システムの構成

ため池監視システムの設置例

農林水産省が選定した「防災重点ため池」などに設置されています。

※「防災重点ため池」
決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれのあるため池。

TOP