1. トップページ
  2. サービス
  3. 遠隔会議用マイク・スピーカー(R-Talk)

遠隔会議用マイク・スピーカー(R-Talk)

R-Talk シリーズ

快適な音声コミュニケーションを実現する
会議用マイク・スピーカー「R-Talk シリーズ」
テレワークで重要度の増す遠隔会議の音声環境を向上します。

R-Talkとは

「R-Talkシリーズ」は、様々な遠隔会議でご利用いただける音声会議用マイクスピーカー。
固定電話や携帯電話、スマートフォンやパソコンなどの通信機器を接続すれば、離れた場所にいる人と面倒な設定いらずで音声会議を行うことが出来ます。

パンフレットはこちら

R-Talkの特徴

聞き取りやすいクリアな音質

自動音量調整機能により声の大きさを適切に調整し、ノイズキャンセラーにより周囲の雑音をカット。聞き取りやすいクリアな声で、遠隔地との通話でもストレスを感じさせません。

抜群の携帯性と通信機器を選ばない汎用性

ビジネスバックに収納できるコンパクトサイズを実現。また、固定電話(アナログ回線/IP回線)や携帯電話/PHS、スマートフォン/タブレットで利用可能することが可能です。

すぐに利用できる簡単設計

パソコンと接続する際は、ドライバのインストールは不要でUSBケーブルをつなぐだけ。難しい設定がいらず、誰にでも使える簡単設計です。

利用イメージ

会議室でのソーシャルディスタンスにR-Talk

昨今の様々な事情によりワークスタイルも様変わりし、Web会議や電話会議の機会が増えた方も多いと思います。オフィスの会議室に数名集まり、取引先やテレワークしているメンバーと会議する機会も増えているのではないでしょうか。

R-Talkを利用するとWeb会議の音声環境を向上させるとともに、会議室でのソーシャルディスタンスを確保することが可能です。

R-Talk1500の場合

カスケード接続や「R-Talk用拡張マイク(ミュート付き)」を利用することで、容易に集音範囲を拡げられ、会議での密を避け、ソーシャルディスタンスを確保して会議に参加していただくことができます。

R-Talk950/R-Talk900の場合

「R-Talk用拡張マイク」を2つまで接続することで可能です。6名が同席する場合、拡張マイクを2つ使うことで「密」を解消することが可能です。

R-Talkシリーズ

機能比較表

機種 R-Talk 1500 R-Talk 950 R-Talk 900
会議スタイル 1拠点対応人数 最大60人程度 ※1 最大10人程度 ※2
電話会議(固定電話) ×
電話会議(携帯電話) ○※3 ○※3 ○※4
Web会議システム
接続I/F ハンドセット(固定電話) ○※5 ○※5 ×
Bluetooth(Version) ○(3.0) ○(4.1) ×
3.5mmミニジャック
(音声入出力兼用)
USB
搭載機能 音声ブリッジ ○※6 ○※6 ×
話者追尾/収音範囲指定 × ×
内蔵スピーカー・内蔵マイクON/OFF切替 × ×
音声処理パラメーター切替 ○※7 ○※7 ○※7
外部スピーカー接続 ×:ファームウェアVer1.00(出荷時)、Ver1.11
○:ファームウェアVer2.01
場内拡声 × ×
録音機器接続用端子
拡張マイク ○※1 ○※2 ○※2
拡張マイク毎ミュート × ×
電源 電源アダプタ ○(別売)
電池駆動(単三型4本) × ×
USBバスパワー ○※8
本体重量 約1.0kg 約0.41kg 約0.39kg

※1 拡張マイク接続可(最大4個)、本体カスケード接続可(最大6台)
※2 拡張マイク接続可(最大2個)
※3 Bluetooth無線接続及び専用オプションケーブル(RT-OPT-CBL1/CBL2)による有線接続に対応
※4 専用オプションケーブル(RT-OPT-CBL1/CBL2)による有線接続に対応
※5 ハンドセットコード差込口のピン配置切替機能有(機種により機能が異なります)
※6 複数の接続I/F(ハンドセット、オーディオケーブル、Bluetooth、USB)を同時に接続し、複数拠点での音声通話が行えます。
※7 機種により切替できるパラメーターが異なります。詳細は取扱説明書をご確認ください。
※8 USBからの給電状況やR-Talkのボリューム設定等により電力不足となってしまう場合は、電源アダプタや新品の乾電池をご使用ください。

TOP