1. トップページ
  2. サービス
  3. 可搬型IP通話システム(ポータブルIP-PBX)

可搬型IP通話システム(ポータブルIP-PBX)

可搬型IP通話システム(ポータブルIP-PBX)

使いたい場所に持って行くだけで、すぐに内線通話可能
総務省公表「災害医療・救護活動において確保されるべき
非常用通信手段に関するガイドライン」推奨装置

ポータブルIP-PBXとは

「ポータブルIP-PBX」は、災害発生時に携帯電話や固定電話が使えない状況になっても、無線LANを利用したエリア内の内線連絡手段を確保できる通話装置です。必要な機器のすべてがアタッシュケースに収まっているため、持ち運びも簡単で、いつ・どこでもご利用いただけます。

ポータブルIP-PBXの特長

1.災害発生後に、すぐ通話環境が構築できる。

専門知識が無くても、誰でも簡単にWi-Fi接続を利用した通話環境が構築可能。電源が無くても、バッテリーにより動作。

2.お手持ちのスマートフォンが、そのまま使える。

携帯キャリアによらず、普段、利用しているスマートフォンで通話が可能。スマートフォンの番号が、そのまま内線番号に。

3.アタッシュケース型なので、緊急時にすぐ持ち出せる。

超小型、高性能機器を採用し、持ち運びやすい小型ケースに、必要な機材をすべてパッキング。

ポータブルIP-PBXの利用シーン

利用例1:避難所エリア内でのWi-Fiを利用した内線通話

利用例2:避難所から避難所エリア外への外線発信(電話回線に接続できる場合)

利用例3:避難所エリア外から避難所への外線着信(電話回線に接続できる場合)

仕様概要

IP-PBX 内線間通話
外線シームレス発信
外線着信
電話会議
ユーザ端末自動登録
通話時間制限
Androidアプリ主要機能 加入者番号自動登録
同時通話数 100同時通話
その他の機能 内線間簡易テキストメッセージ
ファイル共有
スマートフォン OS:Android Ver.5〜
ソフトフォン:指定SIP phone
(iOS端末やPCでは、予め用意されたソフトフォンへの簡単な設定で通話可能)

TOP