1. トップページ
  2. サービス
  3. 情報配信サービス(@InfoCanal)

情報配信サービス(@InfoCanal)

@InfoCanal アットインフォカナル

双方向・マルチデバイス対応の新たな情報配信サービス

@InfoCanalとは

「@InfoCanal」は、携帯電話網やWi-FiなどのIP通信網を利用し、簡単・確実な同時配信と即時集計を実現する双方向・マルチデバイス対応の情報配信サービスです。

@InfoCanalの特長

情報配信

  • 通信経路としてIP通信網(携帯網を含む)を利用しているため高い人口カバー率。
  • 利用者の状況に合わせさまざまな端末を選択可能(スマホアプリ、専用戸別受信機、屋外受信機など)。
  • 超軽量・高同報性・低遅延といった特徴を持つ通信プロトコルを採用しているため、IP通信網を用いながらも極めて輻輳に強い。災害時などにおいて、電子メールすら送信できない状況の通信網においても、到達確実性の高い情報送受信が可能。

状況確認

  • 端末の受信状態(未到達/到達/既読、および位置情報)をリアルタイムに確認可能。また、即時地図描画による全体状況を把握可能。
  • 質問の回答内容に応じて次の質問の内容が変化するシナリオ形式のアンケート配信による、個人の詳細な「状況確認」が可能。
  • あらかじめ決められたグループ配信だけでなく、シチュエーションに応じて対象者や地域を指定した配信が可能。

@InfoCanalの利用シーン

住民向け防災情報配信

緊急時:J-ALERT配信、避難所状況確認、防災情報配信、現地自治体職員指示
平時:地域情報配信、要支援者見守り、防災訓練、住民アンケート

自治体職員(企業社員)向け安否確認/参集/避難所情報収集

  • 職員(社員)に対する安否確認、参集指示
  • 避難所の開設情報、ライフライン情報や避難者情報の収集

学校運営支援

  • 学生に対する連絡、授業に関するアンケート
  • 学生および職員に対する安否確認および家族への状況通知
  • 修学旅行中の生徒の位置確認や安否確認

大規模イベント運営

  • オリンピックなどの大規模イベントにおける多数のイベント会場の状況把握、多数のスタッフへの情報周知、スタッフの状況把握、状況に合わせた指示

導入事例

京都府宇治田原町様

運用開始 2019年4月
規模 屋外受信機、スマートフォンアプリ
用途 既存のIP告知端末との併用利用。
住民に対する自治体からの防災情報配信のほか、行政情報配信にも活用。
自動起動装置も併せて導入し、J-ALERT受信機からの情報を自動配信。
効果 既存の携帯網を活用することで、新規回線整備にかかる費用を削減。

長崎県五島市様

運用開始 2019年4月
規模 戸別受信機200台、スマートフォンアプリ5,000ライセンス
用途 防災行政無線との併用利用。
住民に対する自治体からの防災情報配信のほか行政サービス情報配信にも活用。
自動起動装置も併せて導入し、「緊急速報メール」「自治体HP」「防災行政無線」にも情報を自動配信。
効果 既存の携帯網を利用することで、防災行政無線デジタル化の際の再送信子局等の整備にかかる費用を削減。

TOP