1. トップページ
  2. サービス
  3. ポータブルガス発電機(GE-900B2、GE-2200P2)

ポータブルガス発電機(GE-900B2、GE-2200P2)

いざという時に頼れるポータブルガス発電機

ガス燃料、しかもインバータだから色々な用途に最適

ポータブルガス発電機とは

ポータブルガス発電機は、普及率が高くクリーンな燃料であるLPガスを利用した発電機です。持ち運びやすく、災害時等様々な状況で活躍します。

パンフレットはこちら

ポータブルガス発電機の特長

1.いざという時にすぐに使える

ガソリンと比べて燃料劣化しにくいのでいざという時にすぐに使えます。災害時や急な停電時でも、エンジン始動がスムーズです。特にLPガスは、災害時にライフラインが寸断されても安定的に燃料供給ができる体制が整備された「災害に強いエネルギー」です。

2.取り扱いがクリーン

カセットボンベやガスボンベを使用するから手が汚れません。

3.インバータ発電機だから幅広く使える

インバータ発電機を搭載していますので、商用電源並みの高品質な電力を供給します。家電製品や計測装置など、幅広い機器に対応します。

ポータブルガス発電機の利用シーン

スマートフォン、CDラジカセ、電気ポットなど災害時に必要となるものの電源確保ができます。GE-2200P2は小型冷蔵庫や水銀灯など、始動時の出力が高いものにも利用できます。

製品仕様

GE-900B2

GE-900B2

  • カセットボンベ2本で最大2.2時間運転可能
  • 消費電力に応じてエンジン回転数を調整するエコスロットル搭載で低燃費
  • キャリーバック型なので移動も簡単
  • 別売品の並列運転コードで最大1.8kVAまで発電

※カセットボンベは別売りです。

  カセットボンベタイプ GE-900B2


形式 多極回転界磁形交流インバータ発電機
電圧調整方式 インバータ式
周波数(Hz) 50/60(切替式)
定格出力(kVA) 0.9
電圧(V) 100
電流(A) 9.0
力率 1.0
相数 単相2線式
12V 直流電源 -





名称 ホンダGXH57T
形式 空冷4サイクルOHVガスエンジン
総排気量 cm3(ml) 57.3(57.3)
燃料 ブタンガス(カセットボンベ)
使用温度範囲 5~40℃*1
連続運転時間(定格出力時)(H) 1.1(カセットボンベ2本*3
潤滑油量(L) 0.25
始動方式 リコイルスタータ式





寸法(全長×全幅×全高)(mm) 365×442(262)×944(524)*4
乾燥質量(kg) 19.5
騒音値(音響パワーレベルLwA dB) 86●*5
GE-2200P2

GE-2200P2

  • 10kgボンベで最大約20時間の連続運転可能
  • 冬場でも-10℃まで対応
  • エコノミーコントロールで低燃費
  • アワーメータ標準装備

▼付属品
LPガス接続ホース(4m)/ 圧力調整器
※ボンベは別売りです。

  LPガスタイプ GE-2200P2


形式 多極回転界磁形交流インバータ発電機
電圧調整方式 インバータ式
周波数(Hz) 50/60(切替式)
定格出力(kVA) 2.2
電圧(V) 100
電流(A) 22
力率 1.0
相数 単相2線式
12V 直流電源 100W(12V×8.3A)





名称 三菱重工GB181
形式 空冷4サイクルOHVガスエンジン
総排気量 cm3(ml) 181(181)
燃料 LPガス*2
使用温度範囲 -10~40℃
連続運転時間(定格出力時)(H) 10.0(10kgボンベ)
潤滑油量(L) 0.5
始動方式 リコイルスタータ式





寸法(全長×全幅×全高)(mm) 547×490×618
乾燥質量(kg) 56
騒音値(音響パワーレベルLwA dB) 83●*5

●...超低騒音型建設機械指定機
*1 始動可能外気温未満(GE-900B2は5℃)では燃料の特性上、始動できない場合があります。
*2 LPガスボンベへの接続は付属の圧力調整器をご使用ください。ガスホースの接続は、有資格者が実施する必要がありますので、LPガス販売店にご相談ください。
*3 メーカー指定のカセットボンベをご使用ください。
*4 (  )はハンドル折り畳み時の値です。
*5 無負荷定格回転時の値です。

お取扱いについての注意

  • 屋内などの換気の悪い場所や風通しの悪い場所で使用しないでください。
  • 発電機の周囲や下部に危険物(油脂・火薬など)や可燃物(紙くず・木くずなど)を置かないでください。
    また、排気口を建物や設備から1m以上離してご使用ください。
  • 通常電力会社から受電している配線(屋内配線)に接続しますと、発電機および屋内配線に過電流が流れ、
    発電機の故障だけでなく火災や感電事故の原因となり大変危険ですので、屋内配線は絶対に接続しないでください。
  • 車輛に積載した状態及び運搬・移動中の使用は危険ですので、絶対に行わないでください。

TOP